f-mds 歯科医院独立開業に関するQ&A
  • トップページ
  • 会社概要
  • 物件情報
  • 個人情報保護表記
  • お問い合わせ
m-design-support
dental clinic support in kyusyu
  • 独立開業Q&A
  • 歯科開業成功
独立開業qa
最新物件情報
開業までの流れ
独立開業Q&A
歯科開業成功のポイント
歯科不動産用語集
空き物権募集中
歯科不動産用語集

歯科医院の独立開業に際しての「よくある疑問・質問」

将来歯科医院開業を計画されている歯科医の先生方にとっては様々な疑問をお抱えかと思います。
ここでは歯科医院開業支援型不動産業/エムディエスが長年培ってきた経験から、歯科医院開業までの疑問や不安にお応えいたしております。
歯科医院開業計画時の参考にして頂ければ幸いです。

 
質問 専従者給与とはどのような給与ですか?
  開業後は、妻に一部経理関係を含めた事務を手伝ってもらおうと思っていますが、妻に対する給与は「専従者給与」として処理できるときいたのです。 「専従者給与」の詳しい内容を教えて下さい。  
回答 家族従業員に支払う給与のことです。
  専従者給与とは、家族従業員に支払う給与のことで、一定の条件により経費扱いにすることができます。
青色申告の場合には、「青色事業専従者給与に関する届出書」を税務署長に提出することを条件に、その届出書に記載されている金額の範囲内で支払われた給与の全額を経費に算入することができます。
白色申告の場合には、事業専従者が事業主の配偶者であれば86万円、配偶者でなければ専従者一人につき50万円までの給与を経費にすることができます。ただし、青色申告者の事業専従者として給与の支払を受ける人や、白色申告者の事業専従者である人は控除対象配偶者や扶養親族にはなれません。
 
 
質問 税理士の選択はいかにすべきか
  今年度に歯科開業するものです。歯科開業に当たって、税理士の選択に迷っております。どのような税理士を選択すればよいでしょうか?  
回答 経営ノウハウのある税理士・会計士を。
  依頼する業務の内容により決定することが合理的です。開業時は先生方も先行きの不安もあると思いますので、歯科開業に精通した税理士・会計士を選択するのがいいでしょう。新規開業から安定経営までには歯科特有の経営ノウハウがありますから、それを事前にコンサルティングしてくれる税理士・会計士を選択して下さい。  
 
質問 自己資金はどのくらい必要ですか?
  歯科開業を今後する予定です。開業にあたり、どのくらいの自己資金が必要になりますか?  
回答 必要資金の総額や借入可能額によって異なります。
  必要資金の総額や借入可能額によって異なりますが、目安として必要資金総額の約20%以上が必要かと思います。  
 
質問 開業広告にあたって、どのような方法があるでしょうか。
  開業広告はどのようなものをどの程度実施すべきか教えて下さい。  
回答 短期間に効果があがるように工夫することが重要です。
  医開業広告は歯科開業の場合は、開業地域に対してのご挨拶ということです。地域の患者さんに早く、新規開業したことを認知していただくように短期間に効果があがるように工夫することが重要です。医院前に掲示する看板・診療案内板をはじめ、駅看板・電柱看板・野立て看板、電話帳広告、新聞折込チラシ等、数多くの方法があります。しかし、多くの場合、費用が発生するため、費用対効果について慎重に検討する必要があります。  
 

>> go to top

HOME  ●会社概要  ●個人情報保護表記  ●お問い合わせ  ●開業までの流れ  ●料金システム
物件情報  ●物件募集  ●独立開業Q&A  ●歯科専門用語集  ●不動産取引用語集  ●成功のポイント

宅地建物取引業福岡県知事免許(3) 第15538号
社団法人 福岡県宅地建物取引業協会所属
九州不動産公正取引協議会加盟店
社団法人 全国宅地建物取引業保証協会会員

ロゴ

歯科医院開業支援型不動産業/エムディエス

〒811-0205 福岡県福岡市東区奈多団地29-206 tel.092-606-8682 fax.092-606-8682