f-mds 歯科医院開業向け物件募集に関するお知らせ/エムディエス
  • トップページ
  • 会社概要
  • 物件情報
  • 個人情報保護表記
  • お問い合わせ
m-design-support
dental clinic support in kyusyu
  • 独立開業Q&A
  • 歯科開業成功
歯科専門用語集
最新物件情報
開業までの流れ
独立開業QA
歯科開業成功のポイント
歯科不動産用語集
空き物権募集中
歯科不動産用語集

歯科開業/成功のポイント

開業に関して疑問や不安にどのように対応すれば良いのかアドバイスをします。
開業に向かっての心構えとして

歯医者はサービス業

まず初めに、歯科医療は『サービス』であることを忘れてはならない。
患者にとってのサービスとは『心と体が癒されること』そして、
患者と一対一で向かい合う歯科医院に要求されるのは『個別サービス』である。
サービスについて考える際に次のことに気をつけたい。

1.サービスは相対的なものであり、絶対的なものではない。

ある患者に適したサービスが他の患者に適するとは限らない。患者の個性を把握することが必要。

2.サービスとは『100-1=0』である。

患者にとってひとつでも不満な点があるとサービス全体の評価を落とすことになる99%の努力を無駄にしない為にも1%にまで気を配る。 患者からの評価を得るために知っておきたい事患者は何で歯科医院の良し悪しを判断するのだろうか。 歯科医院に対する患者の評価が安定すると収入も増える。
技術  
患者は技術の良し悪しを本質的に評価できない.治療時の痛みの有無などを目安に技量を推し量っているだけ。よって技術に対する『患者の評価』は痛みの無い治療や治療後よく噛めるようになった、などの(体が判る)治療結果から得やすい。矯正、インプラント治療などは患者にとって治療効果がはっきりとわかりやすい。そして治療後、症状が飛躍的に改善されれば患者の技術評価がプラスとなる。
設備  
『もてなす』造り、設備の医院を目指す。
・医院の看板やデザイン、特にカラーに気を配ることは重要。
 患者の気持ちを和ませるようなものにする。
・最新設備は技術評価の代わりになりうる。
・待合室には『癒し』の機能が求められる。
・子供の遊戯施設などの設備を整えることも高い評価を得やすい。
・車社会である為、駐車場は使いやすさを考えた設計に。
患者への対応  
一人一人の患者に対し,誠意のある対応をすることがなによりも大切。
それが患者からの信頼につながる。
・コミニケーションを確立する。そのためには会話と説明を充分に行う必要がある。
・予約は必ず正確に。
・待合室、受付のあり方にも気を配る。
 治療を控え、不安な気持ちを抱える患者の気持ちを考えた対応を。
スタッフ  
経営者としてスタッフを充分に把握、コントロールする必要がある。歯科医師スタッフを含めての『歯科医院』であることを忘れない。スタッフ全員が患者に満足感をあたえられるようにすべき。
・能力の有無ではなく、
 『人に尽くすことに生きがいを感じるか』かどうかという観点から人材を選ぶ。
・採用に際しては既成の各種テストを利用して、人格や人間性の判断の助けとするのもひとつの手段。
情報  
『情報なくして戦略無し』いかに患者から情報を引き出し、それをいかに有効に活用するか。有効活用できるような体制を作ることも大切。
・家族単位でカルテを保存する。これにより遺伝的要素などの患者の体質的な問題を把握しやすい。
 また患者との会話の話題作りにも役立つ。
・自分の医院における患者の年齢層を把握する。
 構成する年齢層の動向をチェックし各層に合ったサービスに努める。
立地条件  
人の集まりやすい立地条件というのは確かにあるが、環境は時とともに変化する為永遠ではない。
よって前述の1から4を満たしていれば、立地条件の良し悪しはカバーできる。
クチコミの影響力は大  
口コミに根拠は無い。しかし、『あの歯科医院はいいらしいよ』という口コミほど人を集めるものは無い。ここではその口コミを呼ぶ為の方法を探りたい。
1.話題性を高める
『レーザー治療、インプラント治療を行っている』『24時間診療体制』など珍しい点特徴などは大きく前面に打ち出して情報の発信基地になるように。
2.感動を与える治療を
患者の予想を上回る治療内容、効果をもたらせば、『ここまでしっかり診てくれるのか』といった信頼を得ることが出来る。患者の心を掴むことになる。
3.持続力
患者の信頼、評価は一度きりの診療では得られない。患者の歯科医師やその治療に対する反応は普通、『疑い』→『半信半疑』→『確信』へと段階を踏んで変化する為に患者を満足させる対応を継続することが大切。
4.アフターケア
治療が終われば患者との付き合いも終わり?これでは患者を繋ぎとめておく事が出来ない。治療終了後もハガキや電話での連絡,『その後の歯の具合はどうですか?』『1年に一度は歯の定期検診を受けてください』など、調子を気遣う。ほか色々な情報を提供したりする。

>> go to top

HOME  ●会社概要  ●個人情報保護表記  ●お問い合わせ  ●開業までの流れ  ●料金システム
物件情報  ●物件募集  ●独立開業Q&A  ●歯科専門用語集  ●不動産取引用語集  ●成功のポイント

宅地建物取引業福岡県知事免許(3) 第15538号
社団法人 福岡県宅地建物取引業協会所属
九州不動産公正取引協議会加盟店
社団法人 全国宅地建物取引業保証協会会員

ロゴ

歯科医院開業支援型不動産業/エムディエス

〒811-0205 福岡県福岡市東区奈多団地29-206 tel.092-606-8682 fax.092-606-8682