f-mds 歯科専門便利用語集
  • トップページ
  • 会社概要
  • 物件情報
  • 個人情報保護表記
  • お問い合わせ
m-design-support
dental clinic support in kyusyu
  • 独立開業Q&A
  • 歯科開業成功
歯科専門用語集
最新物件情報

独立開業QA
歯科不動産用語集
空き物権募集中
歯科不動産用語集

歯科専門用語集

ここでは簡単に歯科に関する専門用語を簡単にご説明させて頂いております。 便利に使えるようアルファベット順に整理しておりますので、何かのお役に立てば幸いです。

歯科専門用語-A
顎(あご) 上下の歯とそれを支える骨や筋肉組織などの総称。
アタッチメント 入れ歯の安定させるために、残っている歯に取り付ける装置のこと。
アップライト 傾いている臼歯(奥歯)などを真っ直ぐに起こす治療。
アパタイト ハイドロキシアパタイトとはリン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する成分のことで、エナメル質は97%、象牙質の70%がハイドロキシアパタイトで構成されています。

>> go to top

歯科専門用語-B
Brx ブラキシズム(歯ぎしり)の略。
BOP Bleeding On Probingの略。先端に目盛りのついたプローブという探針を使って歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)の深さを調る際に、出血すること。出血するのは歯ぐきの奥にプラーク(歯垢)があるため。
BT bite takingの略で、入れ歯やかぶせ物などを作る際、上下の歯の噛み合せの位置関係を決定すること。咬合採得(こうごうさいとく)とも呼ばれる。
ブリーチング 漂白剤を使用して歯の色を白くする方法。
ブリッジ 歯のない部分の両側の歯を削り、かぶせ物でつなげる治療法。

>> go to top

歯科専門用語-C
CR コンポジットレジンの略。前歯や奥歯の小さい虫歯治療などに使われる白いプラスチックの詰め物で、複合レジンとも呼ばれる。保険適用。
CK(しーけー) 筋肉にたくさん含まれていている酵素の一種、クレアチンキナー ゼのこと。急性心筋梗塞、筋ジストロ フィー症など筋肉に障害がある病気のときは、血液中のクレアチンキナー ゼが著しく上昇する。
C1 歯の表面を覆う、エナメル質が虫歯になっているもの。
C2 歯の表面を覆うエナメル質を超えて、歯の内部の象牙質が虫歯になっているもの。
C3 歯の表面を覆うエナメル質、歯の内部の象牙質を超えて、歯の神経(歯髄:しずい)まで虫歯が進んでいるもの。
C4 虫歯によって歯がほとんど失われ、歯の根だけ残っている状態。歯を抜かなければならない場合が多い。

>> go to top

歯科専門用語-D
デンタルフロス 歯と歯のすき間の歯垢(プラーク)を取り除くための糸ようじのこと。
デンチャ− 入れ歯の安定させるために、残っている歯に取り付ける装置のこと。
デンタルX線 口の中に入れて歯の撮影をするX線(レントゲン)。
DFT 乳歯の虫歯の本数のこと。 Decayed and Filled Teeth(虫歯と虫歯を治した歯)の略。
DMF指数 虫歯になったことがあるかについての指数。治療していない虫歯(Decayed teeth)、虫歯で抜いてしまった歯 (Missing teeth because of caries)、虫歯を治した歯(Filled teeth)の略。

>> go to top

歯科専門用語-E
EBM Evidence Based Medicine(科学的根拠をふまえた医療)。医療従事者側(ドクターなど)が、実証的かつ実用的な医学的根拠を十分理解した上で、患者に対して最善の治療法を慎重に決定すること。
永久歯(えいきゅうし) 生え替わることのない歯。永久歯の数は全部で28本、親知らずを含めると32本。
衛生士(えいせいし) 歯科医師の指導のもと、診療の補助や歯科保険指導を行う専門職。幅広い知識と高い技術力が要求される。歯科衛生士になるには国家資格が必要。
エナメル質 歯の表面を覆う、一番硬い組織。

>> go to top

歯科専門用語-F
F フッ素(fluorine)のこと。フッ素とは水や食べ物に含まれている自然界の元素の一つ。歯のエナメル質(歯の一番表面の組織)の結晶構造を丈夫にし、虫歯予防に効果があると言われている。
FCK フルキャストクラウンと呼ばれる金属のかぶせ物のこと。
FD 総入れ歯(full denture)のこと。
フッ素 水や食べ物に含まれている自然界の元素の一つ。フッ素は歯のエナメル質(歯の一番表面の組織)の結晶構造を丈夫にし、虫歯予防に効果があると言われている。
プラーク 歯垢のこと。

>> go to top

歯科専門用語-G
技工士(ぎこうし) 歯の詰め物やかぶせもの、入れ歯、矯正装置、マウスガードなどの製作を担う歯科医療の技術専門職。緻密で熟練した技術が求められる。歯科技工士になるには国家資格が必要。また、歯科医師の指示が無ければ技工を業と出来ない。
義歯(ぎし) 取り外し可能な入れ歯。
銀合金
(ぎんごうきん)
乳歯の治療によく使われる保険適用の歯科用金属の一つ。
G Gingivitis (歯肉炎:しにくえん)の略。歯肉炎とは、歯ぐきが炎症を起こして腫(は)れたり、出血したりする病気。
GBR
(骨組織誘導再生法)
特殊な再生誘導膜(GBR膜)を使って、歯の骨を再生する治療法。
GTR
(歯周組織誘導再生法)
特殊な再生誘導膜(GTR膜)を、歯周病などによって溶けた歯の骨のまわりに埋め込み、歯を支える歯周組織を再生する治療法。

>> go to top

歯科専門用語-H
HJK 硬質レジンジャケット冠(ハードレジンジャケットクラウン)の略。硬質レジン(合成樹脂:プラスチック)の白いかぶせ物のこと。保険適用。
ハイドロキシアパタイト リン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する成分。エナメル質(歯の一番表面の部分)は97%、象牙質(エナメル質の下の組織)の70%がハイドロキシアパタイトでできている。
ハイブリッドセラミック 歯の詰め物やかぶせ物に使われる歯科材料の一つ。セラミックに微量の樹脂を加えた複合材料。保険の適用はなし。
歯型(はがた) 歯の並び方や歯ぐきの形など口の中の状態を忠実に再現した模型のこと。歯型を作るために型を取ることを「印象採得(いんしょうさいとく)」と言う。

>> go to top

歯科専門用語-I
インプラント 歯が抜けてなくなったところに穴を開け、天然歯の代わりにチタン製などの人工歯根(歯の根)を埋め込み、その上に人口の歯を作製する外科的治療方法。
インプラント矯正 矯正用につくられたインプラントを顎の骨に埋め込み、固定源として使用する事により、今までの矯正治療では難しかった歯の動きを可能とし治療期間の短縮や外科手術(顎を切る等)が必要な患者様の治療も可能にする方法です。
インレー セメントで接着する詰め物。
IMP 印象(口の中の型を取る)の略。→印象

>> go to top

歯科専門用語-J
   
   
   
   

>> go to top

歯科専門用語-K
噛み合せ
(かみあわせ)
上下の歯の接触関係。
カリエス Cries。英語で虫歯のこと。
カルテ 検査結果などの医療記録や診療情報を記した「診療録」のこと。「診療記録」とも呼ばれる。
キシリトール ブドウ糖、麦芽糖などに水素を加えて還元したものを一般的に糖アルコールといいます。 キシリトールもその一種で、工業的にはシラカバや樫などの樹木から得られるキシランを還元して製造されます。糖アルコールの中では最も甘く、砂糖と同じと言われています。また溶解時に吸熱反応(砂糖の8倍)が起こるので口の中で冷涼感が得られるのも一つの特徴です。
臼歯(きゅうし) 口腔内全体の奥の8本の歯を大臼歯、その手前の2本を小臼歯という。
口内炎 口の粘膜が赤く腫れたり、できものができたりする病気。

>> go to top

歯科専門用語-L
ラミネートベニア法 歯の表面(エナメル質)を薄く削り、型をとり、それに合わせた白い人工の歯(シェル)を貼り付ける方法です。
レーザー治療 レーザー光線を使用して、むし歯治療 根管治療(歯の中の神経や血管などの組織が死んでしまった場合に行う歯の根の治療)、外科的治療、歯石除去などを行うこと。

>> go to top

歯科専門用語-M
マウスガード 口の中の保護装置で、マウスピース、マウスプロテクター等とも 呼ばれています。
弾力性のある材料で出来ており、歯をすっぽり覆うような形をしています。
麻酔(ますい) 痛みの感覚をなくす処置。大きく分けて、特定の神経だけをマヒさせる局所麻酔と、意識がなくなって眠ったような状態になる全身麻酔の2つがある。
麻抜(まばつ) 麻酔をかけて、虫歯が進行した歯の歯髄(神経)を取り除くこと。
虫歯 口の中にいる細菌(ミュータンス菌)が作り出す酸によって歯が溶けてい く病気。
M molar(大臼歯)のこと。大臼歯とは小臼歯のあとに続く上下3対の奥歯。ただし一番奥の第三大臼歯(親知らず)は人によっては生えてこない場合もある。

>> go to top

歯科専門用語-N
ナイトガード 歯ぎしりによる歯やアゴへの負担を防ぐために、睡眠中に口の中にはめるマウスピースのような装置のこと。
乳歯(にゅうし) 子どものときに生える歯。
粘膜調整 合わない入れ歯などが原因で、歯ぐきの粘膜が圧迫され傷んでいるような場合、入れ歯が歯ぐきと密着する部分に、弾力・粘着力のあるやわらかい調整材などを使用して、歯ぐきの粘膜の回復をはかる処置のこと。

>> go to top

歯科専門用語-O
OHP 高圧酸素療法。酸素圧を高めた容器(もしくは室内)に人を入れ、高圧酸素を与えて体の酸素レベルを上げることで、弱った臓器を回復させる治療法。顎骨骨髄炎(あごの骨の骨髄に発生する重い感染症)の治療などに使われる。
オーバージェット 噛みあわせた際、上の前歯が下の前歯に被さる、前後の水平距離のこと。
オーバーバイト 噛みあわせた際、上の前歯が下の前歯に被さる、上下の距離のこと。
オールセラミッククラウン 歯のかぶせ物の一つ。金属を全く使わずセラミック(七宝焼に似た陶材)のみで作られる。天然歯の色に近い。保険の適用はなし。強度を増すため、セラミックと一部金属を使うかぶせ物はメタルボンド。 →メタルボンド
親知らず 18歳〜30歳ぐらいの間に生えてくる、一番奥の第3大臼歯のこと。一生生えてこないこともある。

>> go to top

歯科専門用語-P
プラーク 歯垢(食べかすに虫歯や歯周病を引き起こす口の中の細菌が結合したもの)のこと。虫歯や歯周病の原因。
プラーク
コントロール
歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)の発生を、歯磨きや食生活の改善などで虫歯や歯周病の予防すること。
プラズマライト 歯の色を白くするホワイトニングに使われる強力な光線のこと。歯に塗った漂白剤の作用を促進させる。
PMTC プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略。歯科医師や歯科衛生士が歯垢(しこう)や歯石(しせき)、歯面沈着物(しめんちんちゃくぶつ)などをきれいに取り除くこと。
PLI プラークインデックスの略。虫歯や歯周病の原因と言われるプラーク(歯垢)の付着状態のこと。
PCUR 歯周ポケット掻爬(そうは)。歯の根についた歯石や細菌に侵された歯肉 の一部を取り除いて歯周組織の炎症を改善し歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)を 浅くする処置のこと。
PTC プロフェッショナル・トゥース・クリーニングの略。歯ブラシ、デンタルフロスなどで、歯の表面にこびりついた汚れや色素を落とす歯と歯ぐきのクリーニングのこと。専門器具を用いてさらに徹底的に行う歯面清掃はPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と呼ばれる。

>> go to top

歯科専門用語-Q
   
   
   
   

>> go to top

歯科専門用語-R
レセプト 診療報酬請求書。医療機関側が患者さん一人一人の一ヵ月分の診療内容をカルテを元に点数に換算し、かかった医療費を市町村や保険組合に請求するための明細書のこと。
RDA 歯みがき剤の研磨性を示す指数。数値が大きいほど、研磨性が高いことを示す。
RDテスト レサズリンという薬を使って唾液から虫歯菌の数を調べるテスト。15分程度で口の中の衛生状態が分かる。

>> go to top

歯科専門用語-S
スケーリング 歯についた歯垢(プラーク)や歯石を取り除くこと。
SRP スケーリング・ルートプレーニングの略。スケーラーやキュレットと呼ばれる細長い器具で、歯や歯の根についた歯垢や歯石を除去する歯周病の初期治療。麻酔をすることもある。
SK セラミッククラウンの略。虫歯を治療した後にかぶせる、セラ ミック製(七宝焼きに似た陶材)の白い歯のこと。
SPT Supportive Periodontal Therapyの略で、治療終了後も、日常の適切なブラッシング、歯科医院での定期的な歯垢(プラーク)や歯石の除去、咬合調整(噛み合わせの調整)などを行い、歯科医療従事者と患者の双方で、再発しやすい歯周病などを予防し、お口の健康を維持・推進していくこと。
歯周病
(ししゅうびょう)
歯垢(プラーク)が歯と歯ぐきの間の溝(歯肉溝)にたまり炎症を起こす病気。歯ぐきが腫(は)れる「歯肉炎」と、それが悪化した「歯周炎」の総称。
歯槽膿漏
(しそうのうろう)
歯周病の俗称。
歯肉炎
(しにくえん)
歯肉の炎症のことで、歯周炎とは異なり炎症が深部組織にまで及んでいない状態

>> go to top

歯科専門用語-T
タータ 歯石(tartar)のこと。歯石とは歯垢(プラーク)に唾液中のカルシウムやリン酸が付着し、かちかちに固まったもので、一度ついてしまった歯石は歯ブラシでは除去できないため、歯科医院で取ってもらうことが必要。
TMS 緊張性筋炎症候群(Tension Myositis Syndrome)。肩こり、腰痛、首痛、手足のしびれなど筋骨格系や関節の痛みは、すべて共通した原因による一つの症候群だというニューヨーク大学のサーノ博士が唱える理論。
TBI トゥース・ブラッシング・インストラクションの略。主に歯科衛生士によって行われる、正しいブラッシング(歯磨き)指導のこと。
テック 前歯などを削ったあと、詰め物やかぶせ物が入るまでの間使用する仮の歯のこと。テンポラリークラウンと呼ばれることもある。

>> go to top

歯科専門用語-U
ユニット 治療の際、患者さんが座る診療イスのこと。口元を照らすライトやうがい場所、治療機器などが配備されている。

>> go to top

歯科専門用語-V
   
   
   
   

>> go to top

歯科専門用語-W
矮小歯(わいしょうし) 歯の大きさが正常値の範囲を超えて著しく小さい歯のこと。1〜数本の場合と、歯全体が矮小歯の場合がある。一般に円すい形をしており、過剰歯(かじょうし)であることが多い。→過剰歯(かじょうし)
ワイヤー 矯正や入れ歯の治療に使われる、細長い針金状の装置のこと。
ワックス(歯科用ワックス) 入れ歯やかぶせ物などを作る際に使われる、蝋(ロウ)でできた歯科用材料。用途によりパラフィンワックス、インレーワックスなどいろいろな種類がある。

>> go to top

歯科専門用語-X
X(エックス)線 ドイツの物理学者レントゲンによって発見された放射線の一種、またはその放射線を利用した治療機器のこと。前歯だけや奥歯だけを撮影する時と、口腔内全体を撮影することがある。
   
   
   

>> go to top

歯科専門用語-Y
ユージノールセメント 鎮痛消炎作用や殺菌作用があり、歯の根の治療などに幅広く使用される治療材料。
   
   
   

>> go to top

歯科専門用語-Z
   
   
   
   

>> go to top

歯科専門用語-その他
   
   
   
   

>> go to top

HOME  ●会社概要  ●個人情報保護表記  ●お問い合わせ  ●開業までの流れ  ●料金システム
物件情報  ●物件募集  ●独立開業Q&A  ●歯科専門用語集  ●不動産取引用語集  ●成功のポイント

宅地建物取引業福岡県知事免許(3) 第15538号
社団法人 福岡県宅地建物取引業協会所属
九州不動産公正取引協議会加盟店
社団法人 全国宅地建物取引業保証協会会員

ロゴ

歯科医院開業支援型不動産業/エムディエス

〒811-0205 福岡県福岡市東区奈多団地29-206 tel.092-606-8682 fax.092-606-8682

P O N M L その他 K J Z Y I H X W G F V U E D T S C B R Q A